Thursday, December 18, 2014

新着 其の弐。

Wednesday, December 17, 2014

帰国初日、新着 其の壱。





1950's Dark Burgundy Lady's Size Roper Boots
( Dead Stock )

Tuesday, December 16, 2014

アメリカ 8日目 望郷一番星。

1950's JAPAN Made Ceramic Skull Ashtray
Sold ありがとうございました。

1950's Pin-Up Lady Cocktail Napkins Set ( Dead Stock )
Sold ありがとうございました。

1950's JAPAN Made Skull with Cross Bone Decanter

4pc 1950's Skull Charms ( Dead Stock )
1pc 1950's Devil Charm
左から2番目 Sold ありがとうございました。
一番左 Sold ありがとうごさいました。
左から3,5番目 2pc Sold ありがとうございました。
左から4番目 Sold ありがとうございました。

8pc 1950's Pin-Up Lady Cocktail Napkins Set ( Dead Stock )
Hold

1950's JAPAN Made Ceramic Skull Ashtray
Sold ありがとうございました。

Monday, December 15, 2014

アメリカ 7日目 一太刀にて。



Late 1950's HY-TEST Steel-Toe Engineer Boots
( Dead Stock )



1950's Navy Blue All Pocket Single Pleat &
Single Button Rayon Hollywood Jacket
( Dead Stock )


Late 1950's Black & Black Fake Fur Shawl Collar
Wool Jacket



1950's Lee 101-J Denim Jacket ( Dead Stock )



1970's PRO-Keds Blue Low-Cut Canvas Sneaker
( Dead Stock )
Sold ありがとうございました。

Sunday, December 14, 2014

アメリカ 6日目 二色世代。









1950's Kit Karson Black & Gray Pony Hide
Two-Tone Leather Jacket

                             
只今、七日目は卯の刻。

暫くいたせば、最後の戦の地となる
フリーマーケットへ出陣となります。

更新も何とか間に合いました。


同期の披露再び。

しかも此度は、黒と灰色の蒙古馬。

今滞在にして、三着目の二色の猛者です。

その多くは引退を余儀なくされる当世代ですが、
未だ現役を続行。

三日目にご紹介致したジャケット二着が M 寸ならば、
こちらは L 寸です。

大きめな方には朗報ではないでしょうか。

そして黒と白が大半となる中、それ以外の配色は
出会う事は非常に困難を極めます。

とはいえ、何れの色目をとってもこの世代には
共通した同じ境遇といえるでしょう。

何より、これ程の佇まいをした精鋭達はおりません。


瞬く間に時が過ぎ行き、本陣を発つ時刻。

慌てる事無く現地へと参じます。

Saturday, December 13, 2014

アメリカ 5日目 雨上がりに注ぐ陽射し。




1950's Salmon Pink & Front Black-Pink-Gray
Argyle Print Rayon Shirts




1950's Hall American Black Pharaoh Coat
Sold ありがとうございました。




1950's Pink & Collar-Front Gray & White-Pink
Argyle Print Pullover Rayon Shirts




1950's Black & White-Red Fleck Nep Wool Jacket
Sold ありがとうございました。

                               
昨晩より降り続いた雨は午前中で峠を越え、
若干残る雨雲の隙間から日の光が。

雲の暗さと澄みきった空の対比が絶妙です。

その後は徐々に、台風一過の際に似た天候へ。

絵に描いたような晴天です。

しばらく振りに準備をした傘も、出動は次回へと
持越しとなりました。


本日に披露したるは、当店へは新参ながら
数々の修羅場くぐり抜けてきた猛者達。

アーガイルシャツは形状違いが各々に見参です。

こと上記の柄で前開きのシャツは、
いずれの種類も大変希少かと。

前回の渡米時と併せ、連続での呼集に成功です。

またこちらのかぶりのシャツの特徴については、
胸元のVゾーンにアーガイルの柄の中心が、
しっかりと合っているところ。

ここが非常に重要です。

そして次に黒のファラオコート。

各部位も以前と同様のホールアメリカンとなります。

再びとこの色とは、本当に幸運でした。

最後は黒いウールジャケット。

デッドストックではございませんが、
それに準ずる状態となります。

繰りかえすは承知、やはりこの色ですので。


今滞在もいよいよ終盤戦へ。

残りの日々も悔いの無い様、過ごしてまいります。