Monday, January 23, 2012

My Favorite Super-Dolphin 紅丸

椎名急送 紅丸 ( 別名 北海のハリマオ )



一昨年の5月以来です。
                                
実に1年7ヶ月振りとなりますが、スーパードルフィン特集をさせて頂きます。


此度のご紹介は、アートトラックに興味を抱く方であれば誰しもがご存知の、
房州は千葉県の水郷佐原を本拠とされる椎名急送からの一台です。

由加丸船団としても津々浦々にその名を知らしめ、時代の経過と共に
数々の名車を輩出し、今も尚このシーンにおいて確固たる地位を築かれる
屈指の名門アートカンパニーとなります。


この紅丸は、1991年に発表されしVシネマ「 激走トラッカー伝説 」にて、
主演の小西博之さん扮する宮田慎二の乗るその名も北海のハリマオ。

当時の( 現在も )椎名急送では珍しく、前輪二軸のドルフィンです。

映出時では、すずき工芸によるペイントが描かれていましたが、
後に下段の画像にあるモノトーン調のレタリングに変更されます。

その後、上段画像の様にキャビン上部の通称「鳥かご」と呼ばれる
シートキャリアが外され、フロントグリルも変更される等々の変遷を
( 他にも随所にありますが )遂げてきました。

恐らく、現存していないのではないでしょうか。

前輪二軸ベースとなるドルフィンでは、いや全ての同型車種をもってしても
随一の完成度を誇るのでは、というのが誠に生意気ではございますが
自身の正直な感想です。


以前も申しましたとおり、スーパードルフィンの存在自体が
減少の一途をたどっている今日。

1992年には製造を終了しているが故の、避けては通れぬ現象なのでしょう。


ようやく復活?を遂げた日野スーパードルフィンへの想いの丈となりました。

今後も機会を設けては、出来る限りに次なるご紹介へと繋げる所存です。               

No comments:

Post a Comment