Wednesday, September 5, 2012

My Favorite Super-Dolphin 悪路を物ともせず。



                           
此度、ドルフィン特集では初めての車種、
ダンプの登場。

後輪のホイールスピンナーを筆頭に、
随所にレトロ感漂うアートトラックです。

隙の無い装飾を施されながらも、
暦とした現場仕様車。

裏をかえすと、ダンプが主に仕事として
走る所を考えるならば、手塩にかけた
これだけの飾りを支障無く
維持されるのは大変な事。

その機能や形式が物語り、構造上の特徴を
最大限に発揮する場所は、普段は様々な
車が往来する一般道ではありません。

アスファルトで舗装された道や地域以外が、
日々の仕事場となる状況が大半です。


通常の大型では若干困難な道路でさえ、
ダンプには恰好の抜け道となる。

これが通称 ” ダンプ街道 ”。

多くのダンプ街道と呼ばれる道がある中、
最も焦点となるのが道幅です。

道中トンネル等を含め、対向する
大型同士で何とかすれ違えれば
まだしも、相手が軽自動車でさえ
立ち往生してしまう区間は
数知れません。

運転手時代に私も幾度と無く
こういった街道を走りました。

この様な区間に近づけば、如何なる
対向車にも遭遇しない事を願うだけ。

思えば、荷物の積込み場までの全区間が
おおよそジャンボの通る道とはお世辞にも
言いがたい取引先もありました、、、。


初めから整った道も進めば、時に
理不尽なまでの悪路もゆかねばならない。

それは運転手の方や車両に限らず、
全ての人それぞれに往く手を待つ、
決して避けては通れぬ道なのでは
ないでしょうか。

こと私の走歩は、これからも
その繰り返しのはず。

今も小さく非力ながらも一経営者として、
以前に一人の人間として自分らしく
その本分を全うしてゆければと
思っています。
                 

No comments:

Post a Comment