Monday, May 26, 2014

KENGO 14













中村 憲剛 選手 ( J1 川崎フロンターレ )

                     
現在、日本のプロサッカーを代表する
ミッドフィルダーの名手。

初めてA代表に招集を受けてから、
8年もの歳月が経ちました。

その間に積み上げたキャップ数
( 代表試合数 )68。

所属するフロンターレは勿論の事、
招集されたナショナルチームでも
彼の背負う番号は同じです。

それは素晴らしいプレーしかり、
中村憲剛の代名詞そのもの。

由緒ある代表歴の中、双方のゼッケンが
一致する選手は、様々な状況あれど
ほんの一握りですので。

それでも、此度ブラジルで開催される
サッカーワールドカップにて、自身
二度目となる代表になる願いは
残念ながら叶いませんでした。



                                         
ただ中村選手のサッカー人とのしての
歩みは続きます。

むしろここからです。

何より、結果が全てである
プロフェッショナルな自らの
生業として。


これからも憲剛選手の辿る
蹴球人生に幸あれ。

所属チームでもある川崎での活躍も含め、
更なる自身の成熟を求めて。

再び日本代表で背番号14 の
ユニフォームを身に纏いし
その勇士を、多くのファンが
待っています。
                       

No comments:

Post a Comment