Tuesday, May 26, 2015

KURODA 15



黒田 博樹 選手 ( NPB 広島東洋カープ )


この時しかなかった様に思えます。
                                   
日本プロ野球より米国メジャーリーグでの
活躍を経て、8年振りに再び母国の
プロ野球界へと侍が帰還。

しかも、昨年度までの実績が示すとおり
まさに現役バリバリのメジャーリーガー。

昔も今もこの呼び方は通常であれば、
外国人選手に用いられる言葉です。

そして特筆すべきは復帰した球団、
そしてこの背番号。

双方共に以前と同じということ。

黒田投手も広島カープも、お互い胸中での
約束を守ったのです。















                      
黒田選手が野球選手として、最後の場所に
選んだのはやはり広島でした。

メジャーリーグでは、残りあと1球団と
迫っていた( デトロイトタイガース )
全30球団からの勝ち星。

自身の持つ記録( 5年 )が更新となる
6年連続の二桁勝利。

現在79勝にして、野茂 英雄 氏に次ぐ
二人目の同リーグ通算100勝も視野に。

これはほんの一例ですが。

しかし、個人の成績に彼は重きなど
置いてはいません。

何よりチームの勝利の為、ひいては
その先にあるワールドシリーズでの
頂点へ。

生意気ながら、心残りも少なからず
あった事でしょう。

それでもその全てを断ち切り、古巣
カープへと帰って来たのです。


自身が以前より公言してはばからなかった
日本球界に戻るのであれば広島しかない。

球団も7年もの期間、背番号を空けて
待っていた。

凄い。この一言です。

永久欠番でもなければ、おいそれと
継続を出来る事ではありません。

この期待に、同時にファンの想いを
一身に受け、黒田選手は応えた。

あたかも、それが宿命の如く。

米国への移籍を決意し、海を渡った
その時から。


この決断を下す事はわかっていました。

これからも、覚悟を決めて彼は
投げ続ける事でしょう。

ファンの為、チームの為に。

No comments:

Post a Comment